Googleがページを判断する2つの基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img64

今回は、インターネットマーケティングをする上で、外すことのできない、Googleについてのお話です。

Googleで検索した時に、どのようなメカニズムでサイトが表示されているのかを説明します。

具体的なノウハウのご紹介ではありません。
あまり難しくならないように、サラッとお伝えしますね。

Googleがどのように検索結果を選んでいるか?

Googleの検索窓にキーワードを入力すると、Googleに登録されている何億ものページの中から、
最適なものを選び出して表示します。

例えば、「インターネット集客」といったキーワードで検索すると、約500万のページが選び出されます。

そして、そのページをランキングし、最も適していると思われるページから順番に検索結果に表示していきます。

Googleが、検索結果に表示するページを次の2つの評価基準から選んでいます。

その評価基準とは、「関連性」と「権威性」です。

「関係性」とは?

「関係性」は、検索したキーワードとページの内容がどれだけ合っているか、です。

Googleはこの「関連性」を、

・タイトルタグ
・ページコンテンツ
・そのページにリンクしているアンカーテキスト

の三要素で決定しています。

「権威性」とは?

「権威性」はGoogleがそのページをどのように評価しているのか、で決まります。

「権威性」を決めるアルゴリズムは、Googleの最も重要な仕組みとなっています。
詳しい判断基準は公開されていないため、厳密にはどのように判断されているのかはわかりません。

わかっていることは、Googleの判断基準が、学術論文の評価基準を基礎としていることです。

一般的に学術論文の権威性は、他の論文からどれだけ引用・参照されているかで決まります。
他の論文に引用されればされるだけ、価値が高まる、ということです。

ですが、どんな論文にでも引用されていればいいというわけではありません。
「権威性」の高い他の論文から引用されて、はじめて価値が高まります。

これと同じ仕組みで、ページの「権威性」が決められれいます。

ページの場合は引用ではなくて、どれだけ他のページからリンクをされているかで決まります。

他の権威のあるページから、リンクされればされるだけ、そのページの「権威性」が高まります。

つまり、
・外部からのリンク数
・リンク元のページの権威性
が、ページの「権威性」の評価基準となっているわけです。

あなたのブログのページランクはいくつ?

ページがどれだけGoogleから評価されているのかは、『ページランク』を調べてみることでわかります。

『ページランク』を調べる方法はいくつかありますが、簡単なのは、ページランクチェッカーサイトを使うことです。

Googleで「ページランクチェッカー」と検索してみてください。該当するサイトが出てくるはずです。

ちなみに、豆知識ですが、『ページランク』の語源ですが、Google創業者のラリー・ページからきています。

サイトページとかのページではないんですね。ややこしいです。

さて、今回は、Googleに関するお話でした。

ちょっとした小ネタとして、スタッフや家族との会話で使ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に
知っておきたい7つの秘訣

はじめてのマーケティング!に無料会員登録すると、はじめてのWebマーケティングをサポートする『会員限定コンテンツ』を無料でプレゼントいたします。


◯今なら、こんな会員限定コンテンツがもらえます。


【Webマーケティングの基本を学ぶ動画セミナー】

・小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に知っておきたい7つの秘訣


【インターネットの基本を学ぶ動画講座】

・テーマ1 ホームページの仕組みと作り方

・テーマ2 ブログの仕組みと作り方

・テーマ3 SNSの仕組みと種類

・テーマ4 メルマガ・ステップメールの仕組み

・テーマ5 ネット広告の仕組みと広告出稿のやり方

・テーマ6 アクセス解析の仕組みとやり方


◯会員限定コンテンツは、こんな方におすすめです。


・小さな会社の経営者

・店舗ビジネスのオーナー

・士業、コンサルタント、講師、コーチなど

・起業したばかりの方

・これから起業する方


これらのビジネスをされていて、これからWebマーケティングをはじめたい方、そして、まだWebマーケティングで成果を出せていない方にピッタリです!



登録はこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す