アクセス解析をブログ記事作成に活かすヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img37

アクセス解析をすることによって、今よく読まれている記事と、継続してずっと読まれている記事がわかります。

そんな記事を発見したら、その記事に関連する記事を書くようにしましょう。

読者に好まれている記事の関連記事を書けば、そこにもアクセスを集めることができます。

よく読まれている記事の関連記事を作成する

インターネットの検索にもブームがあるので、アクセスが急上昇する記事を見つけることがあります。
その場合は、急いで関連した記事を書きましょう。

ブームのうちに記事を投稿するのがポイントです。
ホットなうちに記事を投稿できれば、その記事にもアクセスを集めることができます。

また、1ヶ月から数ヶ月分のデータを見てみると、1日あたりのアクセス数は少なくても、毎日コンスタントに読まれ続けた結果、アクセス数が多くなっている記事もあります。

そういう記事は、多くの人が常に関心を持っているため、これから先も読まれ続けていく可能性が高いです。

こちらも同じく、関連した記事を書くようにすれば、さらに安定したアクセスアップが望めます。
 

関連記事同士は必ずリンクさせる

関連記事を書くときのポイントとしては、関連記事同士をリンクしておくことです。

そうすれば、そのページを読んでくれたお客さんは、関連した別のページも読んでくれやすくなります。

こちらとしては、ページビューを増やせますし、お客さんとしては多くの情報を得られることになります。
これは、どちらにとってもいいことですね。

WordPressなどのブログ作成システムには、関連記事を自動で表示してくれるプラグインがあります。

そのプラグインを導入すれば、関連記事同士を簡単にリンクさせることができます。

もちろん、そのプラグインは使って欲しいですが、それ以外にも、手動で本文中に記事のリンクを入れてください。

なぜなら、関連記事を書き、リンクを貼ることが、SEOとしても効果があるからです。

検索エンジンでは、関係性の高い記事同士がリンクされているとそれらの記事が専門性の高い記事だと認識されます。
すると、検索結果に上位表示されやすくなります。

このSEO効果は、残念ながらプラグインを使っていたのでは得られません。

古い記事を編集してリンクを挿入するのは手間ですが、それをやるだけの効果はあります。
 

よく読まれている記事以外でも関連記事を作成する

今回は、よく読まれている記事の関連記事を書くことをおすすめしていますが、それ以外の記事の関連記事を書くことも意味があります。
理由は、先ほどお伝えしたとおりです。

まずは、よく読まれている記事の関連記事を書きましょう。
その後に、それ以外の記事も関連記事を書いて、リンクを作っていきましょう。

記事同士がどんどんつながっていけば、検索エンジンから見たブログ全体の評価も高まります。

ぜひ、アクセス解析の結果を上手く活用して、ブログの価値を高めていってくださいね!

関連:
Google Analyticsの記事はこちら
Google ウェブマスターツールの記事はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に
知っておきたい7つの秘訣

はじめてのマーケティング!に無料会員登録すると、はじめてのWebマーケティングをサポートする『会員限定コンテンツ』を無料でプレゼントいたします。


◯今なら、こんな会員限定コンテンツがもらえます。


【Webマーケティングの基本を学ぶ動画セミナー】

・小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に知っておきたい7つの秘訣


【インターネットの基本を学ぶ動画講座】

・テーマ1 ホームページの仕組みと作り方

・テーマ2 ブログの仕組みと作り方

・テーマ3 SNSの仕組みと種類

・テーマ4 メルマガ・ステップメールの仕組み

・テーマ5 ネット広告の仕組みと広告出稿のやり方

・テーマ6 アクセス解析の仕組みとやり方


◯会員限定コンテンツは、こんな方におすすめです。


・小さな会社の経営者

・店舗ビジネスのオーナー

・士業、コンサルタント、講師、コーチなど

・起業したばかりの方

・これから起業する方


これらのビジネスをされていて、これからWebマーケティングをはじめたい方、そして、まだWebマーケティングで成果を出せていない方にピッタリです!



登録はこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す