読みやすいブログ記事を書く5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img27

どんなにいいことが書いてある記事でも、見た目が「読みにくい」と読んでもらえません。

ここで言う「見た目」とは、文章の書き方ではありません。画面に表示される文字の大きさや配置のことです。

例えば、こんな「見た目」だったらどうでしょうか?

◆◇
最近料理を始めました。休みの日などは、ちょっと手のかかる料理に挑戦したり、ケーキを焼いたりすることもあります。自分で作る料理は、なんだかより美味しく感じますね。料理をしていて思ったのが、基本が大切だなということです。料理も基本を押さえておけば、大きな失敗をすることはまずありません・・・。
◆◇

こんな感じで、文章がびっしり並んでいたら読む気もなくなってしまいますよね。
インターネットの文章は、気軽に読まれることが多いです。

最初から最後まで、全部読まないと意味が通らないような状態だと、そもそも読むのを止めてしまいます。

パッと見た時に「読みやすい記事だな」と思ってもらえるようにするのも大切です。
 

読みやすい記事にする5つのポイント

読みやすい記事にする5つのポイントです。

ポイント1.空行を上手く入れる

2,3行ごとに空行を入れるようにします。

4行以上の大きな文字のカタマリになってしまうと、途端に読みにくくなってしまいます。
空行はたくさんいれても問題ありません。

段落ごとに2行空けるなどの工夫をしてください。

ポイント2.文章にリズムを付ける

一行の文字の数を長くしたり、短くしたりして、見た目にリズムがあるようにします。
一行の文字の長さは、30文字以内にします。長すぎると読みにくくなります。

ポイント3.小見出しを入れる

段落ごとに小見出しを入れます。

できれば、小見出しだけを読んでいっても文章の内容が伝わるようにします。

小見出しだけで文章の全体がわかり、詳しく読みたい場合は、本文も読めばよい、というのが理想です。

ポイント4.文字の大きさを変える

強調したい文章の文字を太字にしたり、フォントサイズを大きくします。

強調した文字がバランスよく配置されていると、どこに注目したら良いのかがわかるので、読みやすくなります。

ポイント5.画像を入れる

アイキャッチ画像を入れるのも効果的です。

ただし、画像をたくさん入れすぎると逆に読みにくくなってしまいます。

画像は1つの記事に1つ入っていれば十分です。

文章に関係した画像を見つけてきて、記事内に挿入してください。
 

ほんの少し気をつけるだけで読みやすくなる

5つのポイントで、最初の文章を修正してみると・・・

◆◇
最近料理を始めました。

休みの日などは、ちょっと手のかかる料理に挑戦したり、ケーキを焼いたりすることもあります。
自分で作る料理は、なんだかより美味しく感じますね。

料理もまずは基本を覚えるべき

料理をしていて思ったのが、基本が大切だなということです。

料理も基本を押さえておけば、大きな失敗をすることはまずありません・・・。
◆◇

いかがでしょうか?

内容は同じなのですが、最初の文章と比べてみるとかなり読みやすくなっていませんか?

ほんの少し気をつけるだけで、文章は読みやすくすることができます。

ぜひ、ブログ記事を書くときには、今回お伝えしたことを参考にしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に
知っておきたい7つの秘訣

はじめてのマーケティング!に無料会員登録すると、はじめてのWebマーケティングをサポートする『会員限定コンテンツ』を無料でプレゼントいたします。


◯今なら、こんな会員限定コンテンツがもらえます。


【Webマーケティングの基本を学ぶ動画セミナー】

・小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に知っておきたい7つの秘訣


【インターネットの基本を学ぶ動画講座】

・テーマ1 ホームページの仕組みと作り方

・テーマ2 ブログの仕組みと作り方

・テーマ3 SNSの仕組みと種類

・テーマ4 メルマガ・ステップメールの仕組み

・テーマ5 ネット広告の仕組みと広告出稿のやり方

・テーマ6 アクセス解析の仕組みとやり方


◯会員限定コンテンツは、こんな方におすすめです。


・小さな会社の経営者

・店舗ビジネスのオーナー

・士業、コンサルタント、講師、コーチなど

・起業したばかりの方

・これから起業する方


これらのビジネスをされていて、これからWebマーケティングをはじめたい方、そして、まだWebマーケティングで成果を出せていない方にピッタリです!



登録はこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す