ブログの記事で伝えることは1つにする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img25

ブログの記事で伝えたいことを書こうとすると、いろいろな話を盛り込みたくなってしまいます。

関連する話や、脱線する話などを入れていくうちに記事はどんどん長くなっていきます。

ですが、これはブログをビジネスで使う上ではあまりおすすめではありません。

書く側からしてみたら、ストーリーのつながりから意味のある話かもしれませんが、読む側からしてみたら、全ての話に興味があるわけではありません。

むしろ、タイトルに書かれている要点のみを知りたい、ということもあります。
ブログ記事で伝えることは1つにすることが基本です。
 

要素を絞ればSEOにも効果がある

記事に書く要素を1つにすれば、当然文章は短くて済みます。

書く側としては楽に書けるし、読む側としては読みやすくなります。
どちらにとってもいいことがあるわけです。

また、要点の絞られた記事は、SEO効果を高めます

記事の内容や、キーワードが絞られている方が、専門性の高いコンテンツとして検索エンジンから評価されます。

伝える要素が1つであれば、当然、タイトルもピッタリあったものを付けられるはずです。
そうなれば、ページを見てもらえる数も増えていきます。
 

もし、どうしてもたくさん伝えたいときは

記事を書いていく上で、どうしてもたくさんの話を盛り込む必要があったり、伝えたいことが複数出てきてしまうこともあります。

そんな時は、記事をいくつかに分けることをおすすめします。

・伝えたい要素ごとに違う記事にする
・話が変わるタイミングで記事を分ける

といったように記事を分けることができます。

記事が増えれば、その分、検索で“見つけられる”チャンスも増えます。

アップロードするタイミングをずらすことで、更新頻度の高いサイトだと評価も高まります。

伝えたいことがたくさんある人ほど、だらだらと記事を長く書いてしまいがちです。

記事を書いてみて長くなってしまっていたら、読み返してみて、複数の記事にできないかを考えてみてください。

『記事が長い』ということには価値はありません。

1つの記事で伝えることは1つに絞って、読みやすく、SEO効果の高い記事を書くようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に
知っておきたい7つの秘訣

はじめてのマーケティング!に無料会員登録すると、はじめてのWebマーケティングをサポートする『会員限定コンテンツ』を無料でプレゼントいたします。


◯今なら、こんな会員限定コンテンツがもらえます。


【Webマーケティングの基本を学ぶ動画セミナー】

・小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に知っておきたい7つの秘訣


【インターネットの基本を学ぶ動画講座】

・テーマ1 ホームページの仕組みと作り方

・テーマ2 ブログの仕組みと作り方

・テーマ3 SNSの仕組みと種類

・テーマ4 メルマガ・ステップメールの仕組み

・テーマ5 ネット広告の仕組みと広告出稿のやり方

・テーマ6 アクセス解析の仕組みとやり方


◯会員限定コンテンツは、こんな方におすすめです。


・小さな会社の経営者

・店舗ビジネスのオーナー

・士業、コンサルタント、講師、コーチなど

・起業したばかりの方

・これから起業する方


これらのビジネスをされていて、これからWebマーケティングをはじめたい方、そして、まだWebマーケティングで成果を出せていない方にピッタリです!



登録はこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す