最適なブログ記事の文量と更新回数は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img23

ブログに記事を書く一番の目的は、インターネット検索で“見つけられる”ようになるためです。

記事のタイトルと本文に検索キーワードを含めれば、1ページ1ページが検索対象になります。
たくさん記事を書けば、それだけ検索対象が増えるので、当然、見つけられやすくなります。

また、この時に気をつけたいのが、記事の文量と更新回数です。
どれくらいにするのが最適なのでしょうか?

それぞれについてお話していきます。

ブログに書く記事の文量は?

記事の文量は、500文字以上、2,000文字程度までが理想です。
文量は少なすぎても、多すぎてもよくありません。

この理由としては「SEO対策」のためです。

検索エンジンは1ページあたりに含まれる文字数によって、そのサイトの情報量やコンテンツの質を判断しています。

SEO対策に最適な文量というのは存在していません。

文量が少ないからといって、質の悪いページとは言えません。

例えば、天気予報や地震速報などは、文量が少なくても立派なコンテンツです。
ただ、一つ言えることは、文字数が多くなればなるほど、ページに含まれるキーワードの数は多くなります。
そうなれば、自然とSEOにも効果が出てきます。

SEO対策のことを考えると、間違いなく文字数は多いほうがよいです。
最低限の文量として、500文字以上は欲しいところです。

では、文量をできるだけ多くすればいいのかというとそうでもありません。

文量が多くなってしまうと、どうしても記事の内容にブレがでてきます。

1つの記事に複数のネタが含まれていると、結局何のことが言いたいのかわからなくなってしまい、検索対象にならなくなってしまいます。

ですので、上限としては2,000文字程度にしましょう。
これくらいの文量であれば、読む方も読みやすくなります。
 

ブログの更新頻度は?

更新回数は、できるだけたくさん更新するのが理想です。
毎日1記事は書きたいところです。

理由はもちろん、記事の数を増やすためです。

週に1回しか書かないのと、毎日書いているのとでは、記事の増え方がぜんぜん違います。

どちらも1年間続けたとしたら、週1の場合は52記事、毎日の場合は365記事です。
どちらが検索で見つけられやすいかは明らかですね。

「毎日なんて書くネタがありません!」
なんて声が聞こえてきそうですが、記事に書くネタは、検索キーワードから逆算して決めます。

前回お伝えした、Googleのキーワードプランナーであなたのビジネスに関連したキーワードを調べれば、たくさんのキーワード候補が見つかります。

特に、今、話題になっているキーワードで記事を書くようにすれば、より検索で見つけられやすくなります。

自分の頭のなかで考えてキーワードを決めると、市場のニーズとはどうしてもズレが生じてしまいます。

ちゃんと調べてキーワードを決めるのが基本です。

ですが、実のところは、どのキーワードで書いた記事がヒットするのかはわかりません。
ですから、できるだけたくさんの記事を書いて、どれかがヒットするのを目指すのです。

早く成果を出したければ毎日書くことです。

続けていけば、それが“資産”になっていきます。
ちゃんと“見つけられる”ようになるまでは、毎日がんばって記事を増やしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に
知っておきたい7つの秘訣

はじめてのマーケティング!に無料会員登録すると、はじめてのWebマーケティングをサポートする『会員限定コンテンツ』を無料でプレゼントいたします。


◯今なら、こんな会員限定コンテンツがもらえます。


【Webマーケティングの基本を学ぶ動画セミナー】

・小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に知っておきたい7つの秘訣


【インターネットの基本を学ぶ動画講座】

・テーマ1 ホームページの仕組みと作り方

・テーマ2 ブログの仕組みと作り方

・テーマ3 SNSの仕組みと種類

・テーマ4 メルマガ・ステップメールの仕組み

・テーマ5 ネット広告の仕組みと広告出稿のやり方

・テーマ6 アクセス解析の仕組みとやり方


◯会員限定コンテンツは、こんな方におすすめです。


・小さな会社の経営者

・店舗ビジネスのオーナー

・士業、コンサルタント、講師、コーチなど

・起業したばかりの方

・これから起業する方


これらのビジネスをされていて、これからWebマーケティングをはじめたい方、そして、まだWebマーケティングで成果を出せていない方にピッタリです!



登録はこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す