お客さんとの関係づくりを第一に考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img41

お客さんとの関係づくりができる前に、商品やサービスを売ろうとすると失敗してしまいます。
インターネットで商品を販売する時には、特に関係づくりが大切です。

少し考えてみてください。

もし、あなたが、「道端で出会った初対面の人に、あなたの商品を販売しなければならない。」という状況になったとしたらどうしますか?





いきなり、「これ買ってください!」と言うでしょうか?

もし、その商品が、一目見ただけで価値のわかるものであれば、そういった売り方もありかもしれません。

ですが、普通はそんな風に言わないと思います。

まず始めに、自己紹介をして、商品の説明をして、なぜあなたにこれをすすめるのかをお話して・・・
といったように、あなたのことをまず理解してもらえるように色々と伝えていくのではないでしょうか?

それをやれば売れるとは限りませんが、少なくともいきなり売り込むよりは、成約率は上がるはずです。

このように、直接対面での商品販売であれば、関係づくりが必要なことは誰でもわかります。

ですが、これがインターネットになった途端に、急にできなくなってしまう方がとても多いのです。

『顧客教育』を徹底的に行うこと!

『顧客教育』という考え方があります。

これは、お客さんにあなたやあなたの会社の考え方を伝えて、しっかりと理解してもらうことを意味しています。

この『顧客教育』がしっかりとされていれば、商品やサービスを提供した時に、すんなりと買ってくれるようになります。

インターネットでは特に『顧客教育』が大切です。

顔の見えない相手を対象としているわけですから、丁寧に『顧客教育』をしなければなりません。

インターネットで成功している会社は、徹底的に『顧客教育』を行っています。

例えば、Amazonという会社があります。
どんな会社かご存知ですよね?

・インターネット通販の会社
・書籍を始め、様々な商品を購入できる
・ワンクリックで買い物ができる
・多くの商品が送料無料で届く
・注文からお届けまでがとても早い

こんなことがパッと思い浮かびます。

よく知らない通販会社から買うのには抵抗があっても、Amazonからなら安心して買える。
こんなイメージを持っている人がたくさんいます。

これは、Amazonの『顧客養育』が徹底して行われているためです。

Amazonのホームページを使ってみればわかりますが、いたるところで『顧客教育』のための情報が掲載されています。

どんな会社かよくわかっているからこそ、そこから安心して商品を購入することができます。

お客さんとの関係づくりが一番の目的

あなたのことを見込み客に伝えるためのツールが、ブログとメルマガ、そしてFacebookとYoutubeです。

これらのツールを使うの一番の目的は、「お客さんとの関係づくり」です。

・あなたがどんな人物なのか
・どんな思いでビジネスをしているのか
・あなたの会社はどんな商品を取り扱っているのか
・その商品を買うとどんないいことがあるのか
・あなたの会社を選ぶべき理由はなにか

こんなことを伝えていくようにしましょう。

間違っても、いきなり「買ってください!」とはやらないことです。

関係づくりができてから、セールスです。この流れは忘れないようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に
知っておきたい7つの秘訣

はじめてのマーケティング!に無料会員登録すると、はじめてのWebマーケティングをサポートする『会員限定コンテンツ』を無料でプレゼントいたします。


◯今なら、こんな会員限定コンテンツがもらえます。


【Webマーケティングの基本を学ぶ動画セミナー】

・小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に知っておきたい7つの秘訣


【インターネットの基本を学ぶ動画講座】

・テーマ1 ホームページの仕組みと作り方

・テーマ2 ブログの仕組みと作り方

・テーマ3 SNSの仕組みと種類

・テーマ4 メルマガ・ステップメールの仕組み

・テーマ5 ネット広告の仕組みと広告出稿のやり方

・テーマ6 アクセス解析の仕組みとやり方


◯会員限定コンテンツは、こんな方におすすめです。


・小さな会社の経営者

・店舗ビジネスのオーナー

・士業、コンサルタント、講師、コーチなど

・起業したばかりの方

・これから起業する方


これらのビジネスをされていて、これからWebマーケティングをはじめたい方、そして、まだWebマーケティングで成果を出せていない方にピッタリです!



登録はこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す