見込み客のリストはどれくらい集めたらよい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img35

見込み客のリストはどれくらい集めたらよいと思いますか?

ここで言う、見込み客のリストとは、メールアドレスのことを言います。
 
ブログに来てくれた見込み客に、メールアドレスを登録してもらうわけですが、どれくらい集めるのを目標としたらよいでしょうか?

ここで少し考えてみてください。








どれくらいの数が必要だと思いましたか?

何万リストが必要だと思いますか?

インターネットで集客をするとなると、ものすごいたくさんのリストを集めなければならない、といったイメージを持っている方がいます。

「何万リストが必要!」と言う方もいます。

おそらく、大企業がやっているような広告費をガンガンかけたインターネットマーケティングをイメージされているのだと思います。

ですが、それは資本のある会社だからできるやり方です。

小さな会社がそれをマネしていたら、すぐに資金がショートしてしまいます。

そこは考え方を切り替えてください。

小さな会社のインターネットマーケティングは、あなたや、あなたのビジネスののことを、よく理解してくれるお客さんのみを相手にするべきです。

見込み客のリストの数としては、だいたい、1000リストもあれば十分です。

ビジネスによっては、100リストであっても大丈夫な場合もあります。

それくらいの数であれば、集められそうな気になってきませんか?

まずは100リストを集めることを目標にして取り組みを始めてみましょう。

リストを集めるときは初めから厳選すること

リストが少ない数でいい、ということは、商品を買ってくれない人のリストはいらない、ということです。

ですので、リストを集めるときは、初めからある程度は絞って集めるべきです。
広告をバンバン出して、なんでもいいからメールアドレスを手に入れる、という方法はやるべきではありません。

まず、ブログの記事や動画を見つけてもらい、あなたやあなたのビジネスに共感してくれる人だけがメールアドレスを残してくれるようにしましょう。

そうすれば、少ない予算で、将来の売上につながる見込み客を集めることができるようになります。

ちなみに、インターネット広告を使うべきか、ということですが、“広告は出すべき”です。
ですが、広告を出す媒体や、キーワードを厳選して、できるだけ不要なリストは取らないようにしましょう。
 
少ないけれど、深く付き合うことができる。そんなリストを集めていくことを考えていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に
知っておきたい7つの秘訣

はじめてのマーケティング!に無料会員登録すると、はじめてのWebマーケティングをサポートする『会員限定コンテンツ』を無料でプレゼントいたします。


◯今なら、こんな会員限定コンテンツがもらえます。


【Webマーケティングの基本を学ぶ動画セミナー】

・小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に知っておきたい7つの秘訣


【インターネットの基本を学ぶ動画講座】

・テーマ1 ホームページの仕組みと作り方

・テーマ2 ブログの仕組みと作り方

・テーマ3 SNSの仕組みと種類

・テーマ4 メルマガ・ステップメールの仕組み

・テーマ5 ネット広告の仕組みと広告出稿のやり方

・テーマ6 アクセス解析の仕組みとやり方


◯会員限定コンテンツは、こんな方におすすめです。


・小さな会社の経営者

・店舗ビジネスのオーナー

・士業、コンサルタント、講師、コーチなど

・起業したばかりの方

・これから起業する方


これらのビジネスをされていて、これからWebマーケティングをはじめたい方、そして、まだWebマーケティングで成果を出せていない方にピッタリです!



登録はこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す