アクセス数を上げれば売上が上がる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img11

アクセス数が上がれば売上もあがるでしょうか?
この問いの答えは、場合によって変わってきます。

例をあげてみます。

100人中1人が商品を購入してくれるホームページがあったとします。

この場合、
100人のアクセスがあれば1の売上、
1000人のアクセスがあれば10の売上、
10000人のアクセスがあれば100の売上です。
アクセス数が上がれば売上も上がることになりますね。

それでは、
100人中誰も商品を購入してくれなかったらどうでしょうか?
この場合は、1000人でも10000人でもどれだけアクセスがあっても売上は0です。

このように、ホームページが見てくれた人が商品を買ってくれなければ、どれだけアクセス数を集めたとしても売り上げにはならないのです。
 

売上を上げるにはまずは成約率から

ホームページを見てくれた人が商品を買ってくれる割合のことを成約率といいます。
100人中1件の成約があれば、成約率は1%になります。

インターネットマーケティングの世界では、ホームページの成約率は1%あれば成功だと言われています。
わずか1%と思われるかもしれませんが、この1%が大きな売り上げアップにつながります。

不思議なもので、1%の成約率があるホームページは、アクセス数が100人であっても、1000人であっても成約率は1%になります。

そのため、

アクセス数 × 成約率 = 売上

という数式が成り立ちます。

ポイントは掛け算になっているところです。

成約率が0のままだと、どれだけアクセスを集めても売上は0のままです。

ホームページから売上が上がらない時に、「アクセス数が少ないからだ。」と思われている方はたくさんいます。

ですが、売上が上がらない本当の理由は“成約率が悪いから”かもしれません。

アクセス数を上げたからといって、売上が上がるとは言い切れないのです。

アクセス数を上げるためにお金や努力をかけるのは、成約率をしっかりと上げてからでも遅くはありません。

ホームページから売上を上げたいのであれば、まずは成約率を上げることから始めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に
知っておきたい7つの秘訣

はじめてのマーケティング!に無料会員登録すると、はじめてのWebマーケティングをサポートする『会員限定コンテンツ』を無料でプレゼントいたします。


◯今なら、こんな会員限定コンテンツがもらえます。


【Webマーケティングの基本を学ぶ動画セミナー】

・小さな会社がWebマーケティングをはじめる前に知っておきたい7つの秘訣


【インターネットの基本を学ぶ動画講座】

・テーマ1 ホームページの仕組みと作り方

・テーマ2 ブログの仕組みと作り方

・テーマ3 SNSの仕組みと種類

・テーマ4 メルマガ・ステップメールの仕組み

・テーマ5 ネット広告の仕組みと広告出稿のやり方

・テーマ6 アクセス解析の仕組みとやり方


◯会員限定コンテンツは、こんな方におすすめです。


・小さな会社の経営者

・店舗ビジネスのオーナー

・士業、コンサルタント、講師、コーチなど

・起業したばかりの方

・これから起業する方


これらのビジネスをされていて、これからWebマーケティングをはじめたい方、そして、まだWebマーケティングで成果を出せていない方にピッタリです!



登録はこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す